読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

視力を回復する方法私的まとめ日記

私自身今まで視力が下がるとか考えられませんでしたがパソコンやり始めたら一気に下がりました。そんな時どんな方法なら視力が回復できるのかについてを調べたことをまとめるブログです。

視力を良くする方法~手術編~

こんばんは。今日は視力を良くする方法の中でも

手術にフォーカスして書いていきたいと思います。

 

まず手術と聞くとレーシックが真っ先に思いつきますよね。

確かにこの手術が一番ポピュラーで成功率も

高いとされています。

 

そんなレーシックですが、偶然から見つかったものです。

その誕生秘話はどこ国か忘れてしまいましたが、

交通事故で目を強打して目の検査を受けたら

失明するどころか今まで目が悪かったのが治って

しまったという出来事が始まりです。

 

そこからなぜ本来目にダメージが入ったはずなのに

目がよくなったのかということを突き止め、

その結果目の屈折率を調整する部分の一部を切断

することで良くなることを発見しました。

 

そんな偶然が生んだレーシックは昔は安全性

の問題で普及もされませんでしたが、

ここ最近でうなぎのぼりに増えているといわれ

ています。

 

では一体手術法はどんな方法なのでしょうか?

それは簡単に言ってしまうと角膜を削って

そこに屈折率を調整する機関にレーザーを

照射し、屈折率の変更をして視力を

元に戻すといったものです。

 

メリットとしてはメガネやコンタクトを

つけなくて済むことが一番でしょう。

 

逆にデメリットはハイグレアなどの症状

(夜など暗いところで明るいものを見ると

まぶしく見えてしまう症状)やドライアイ

のが進行してしまう可能性があるという点です。

 

これらのデメリットは大抵1年以内には

無くなってしまうということですが

稀に治らない人もいるようです。

このようにレーシック手術には

メリット、デメリットが存在します。

 

目は一生使うものなのでしっかり考えて

手術に臨みたいですね。